• ホーム
  • アフィリエイト広告の種類について【初心者向け】

アフィリエイト広告の種類について【初心者向け】

パソコンを使用する男性

アフィリエイトについての基礎知識を知っておきましょう。

アフィリエイトとは、自分が持っているウェブサイトやブログ、発行するメルマガなどに広告を掲載し、そこからクリックや商品購入、会員登録、申し込みなどのアクションがあれば収入になるスタイルです。
実は広告掲載にも種類があり、稼ぎ方にもいくつかの違いがあります。それぞれの特性を知っておきましょう。

ひとつは成果保証型というスタイルです。これはアフィリエイト広告の中でも、何らかの反応が無いと成果にならないというタイプになります。例えば広告を掲載して、その後に会員登録やショッピングなどの反応があると、成果報酬が発生します。

このため、成果保証型のスタイルの場合、基本的にサイト閲覧者からのアクションが無いと収益につながりません。商品の購入やサービス登録などのユーザーの反応によって、集客が期待できるスタイルなのです。
また、単価や報酬の発生タイミングが決まっているため、場合によってはたくさんの収益が狙える場合もあるでしょう。アフィリエイターの中にはこのインプレッション広告型で特定のサービスに特化したサイトを作り、そこから多くの収益を得ている人もいます。

もう一つは、クリック報酬型という物です。これはサイト内やブログの中に広告枠を設定して、その広告枠がクリックされたり何らかの動きがあれば、成果が発生するという物です。
こちらは表示回数やクリック回数などに基づいたアフィリエイト広告で、とにかく広告をクリックされれば収益になります。

また、インプレッション報酬型というのもあります。インプレッション報酬型の場合はクリックすらされず、単純に表示さえされれば良いという形です。表示されるだけで収益になるため、成果報酬型やクリック報酬型よりは簡単な傾向があります。
その代わり、あまり大きな収益は期待できません。アフィリエイトサイトでとてもアクセスを集めない限り、単価はとても安いでしょう。

また、これらの複合型もあります。有名なGoogleアドセンスはクリック報酬型ですが、中にはインプレッション報酬型の広告配信がなされる場合もあります。
成果保証型のアフィリエイトサービスを活用しているサイトでも、案件次第ではクリックされれば収益になるというクリック保証型を取り入れていたりする場合もあるでしょう。

どちらにせよ、アドセンスをはじめとしたサービスは複数登録して掲載しても構いません。安いけれど簡単に収益が出る表示回数型のサービスと収益を狙う単価の高いサービスを組み合わせて、より収益化を狙う事も出来ます。

人気記事一覧